ガソリンツツーバーナー

ガソリンツツーバーナー

オートキャンプでいちばん使われることの多いガソリンのツーバーナー。ガソリンを使ったストーブには、シングルバーナーとツーバーナーがある。この2種類はバーナーの数が違うだけで、中身は同じものだ。要はバナーがひとつかふたつかの違いだ。
ガソリン使いやすい燃料はどっちキャンプで使うランタンやストーブには、主にガスとガソリン2種類が燃料として使われている。一般的に少人数で短期間ならガス、長期で大人数ならガソリンのほうが適している。そうはいっても最初から両方をそろえるわけにもいかないだろうから、自分がどんなメンバーでどのくらいキャンプをする機会がいちばん多いかを考え購入したらいい。
キャンプの経験が長くなると、両方のあったほうがいい。最近では特に燃料を選ばないストーブがあるので、迷ったら最初はこれにするという手もある。安全性に関して一見ガソリンのほうが危なそうだが、ガスもカートリッジを火のそばに置いて爆発させる事故があり、危険がまったくないわけではない。事故の傾向としては、ガソリンは使用中、ガスはそれ以外の場合の事故が多い。

 

 

 

 

ツーバーナーの仕組み

ツーバーナーの片一方のバーナーはサブバーナーで、メインを点火していないと使用できない。ツーバーナーもガソリンを使っているので、まずは燃料タンクに空気を入れて加圧する必要がある。空気の圧力に押された燃料が、バルブを開けると空気と混じりながらジェネレーターに流れていく。ただし、ストーブには燃料バルブとは別に点火レバーというものが付いている場合かおる。これは、点火時と燃焼時で、燃料と空気の混合の比率を変えるもので、点火時にはより燃えやすくするために燃料の濃度が薄くなるように調節している。気化した燃料がバーナ~火時には気化が十分ではなく、安定した青い炎の代わりに、赤い大きな炎がヒがるのが普通だ。サブバーナーの燃料は、メインバーナーのジェネレーターから来るようになっているので、メインの炎が十分安定していないと使えない。まずガスは、取り扱いが簡単なのがなによりの利点だろう基本的には100円ライターのような感じで燃料カートリッジを取り付ければすぐに使うことができる。器具のほうも小型軽量のものが多いので、少人数での短期間のトレッキングなどには絶対ガスがおすすめだ。欠点は低温下での火力が弱いことだが、これは年々改良されつつある。あとは使い終わったカートリッジがかさばることで、長期のキャンプとなればこれは無視できない。一方のガソリンは点火までの手順がガスに比べて面倒だが、火力が強く、なんといっても燃料をつぎ足しながら使うことができるので無駄がなく経済的だ。

関連ページ

アルコールストーブの選び方
キャンプやアウトドアーで使うテントの選び方について