マットの選び方

マットの選び方

マット選びが重要な理由

キャンプで大事な縁の下の力持ち存在として挙げられるのが実はマットなのである。マットによりアウトドアが快適化どうかが決まる。キャップで寝るためにスリーピングバッグが必要なので直接肌に接触する寝袋が重要視されがちだが、スリーピングバッグと同じようにマットが大事なことはあまり知られていない。快適に眠れるマットを選べばキャンプの快適さも随分変わる。マットなしでテントの中で寝たら、かなりいい物をを使っていたとしても寒くて夜中覚ますだろう。地面からの冷気が熱を伝えやすく、温度が容易に変化する。つまり、夜になるとテントの中は暖かくても、地面の温度はどんどん下がるのでマットがないと、地面が冷えるにしたがってその上にある寝袋や人間の体温がどんどん奪われてしまうのだ。これが、テントの床と寝袋の間にマットが一枚あることである程度保温効果が保てるというわけだ。
これがマットが必要な理由なのである。

 

マットも様々な種類のものが発売され、ネットショップや店頭にあります。キャンプ用のマットを選ぶ際には、本来の役目である、断熱性、クッション必要大きさということだ。お店に行くと、たくさんのマットが並べられている。見ただけではわからいが見えるが実際に使ってみるとなにかと問題のあるものもある。マットはスリーピングバックと違い季節に応じて何種類も購入する必要性はない。そのためベストな製品を最初から購入するようにしたい。たくさんの種類があるように見えるマットだが、大まかに分けてしまうとふたつの種類に分けることができる。ひとつはウレタンなどの断熱性とクッション性を備えた素材を使った厚手のもの。もうひとつは、使う際に中に空気を入れるようになっているエアマットタイプだ。どちらも、断熱性はほとんど問題はない。意外に問題となるところは実は、使うときよりも使わないときなのである。特に登山をする方は何日も歩くため運ぶ際の重量や収容面積を検討する必要がある。問題があるとすれば、使わないときにかなりかさばるということだ。ウレタンと空気マットの長所と短所を挙げてみた

 

 

ウレタン
長所
・ウレタンはキャンプに行って広げればそのまま使えるし、使い終わったら丸めるなり折りたたんでしまえばいいので手間があまりかからない。

 

短所
・薮の中を歩いたりするとマットがかなり傷つく
・丸めたマットはけっこう

 

エアマット
長所
・使わないときには小さくたたんでしまっておくことができる
短所
・エアマットは使うときにいちいち空気を入れなければならない。大きなマットだとこれがけっこう手間なので、肺活量に自信のない人にはつらいかもしれない
・パンクの危険修理用のキットを忘れると使い物にならなくなったりする。

 

 

好みのマットを選ぶ

 

実際にマットを使う状況をよく考えて、快適な睡眠が得られるかという視点で寝袋は選びたい。どんなマットにしても一長一短があるので、最終的には好みの問題でだ。個人で使うマットは好みに合わせて選んでかまわないがもし家族などいつも一緒にキャンプをするメンバーでマットを選ぶならば、マットの種類は統一してしまったほうがいい。マットは種類によって厚さにかなりのばらつきがあるので、マットを並べたときに全体が凸凹の状態だと、厚それだけで雪の冷たさが体に伝わってくるので、この薄いマットが一枚あるととても快適だ。雪の上でなくても、気温がかなり下がるような場所ではやはりこのテントマットがあると快適なキャンプができる。かさばる個人用のマットをいくつも持っていくことを考えれば大したかさにはならないので、テント生活は寒くていやだと思っている人は試しに使ってみる価値はある。また、テントの床の防水性が怪しくなってきたら、地面からの防水のために薄い防水のシートを一枚敷いたほうが無難だ。いずれにせよ、キャンプの経験が長くなるにつれて、自分のキャンプスタイルに合った、最適のマットのシステムができあがっていくようになる。ほかの道具に比べてそれほどお金をかけずにキャンプ生活を快適にできるものなので、どんなマットをどのように組み合わせて使うかは、その人のキャンプ経験の見せどころだ。

関連ページ

寝袋の選び方
キャンプやアウトドアに必要なアルコールストーブについて。その選び方。五徳の手入れ方法など
寝袋のメンテナンス
キャンプやアウトドアに必要なアルコールストーブについて。その選び方。五徳の手入れ方法など
寝袋の素材について
キャンプやアウトドアに必要なアルコールストーブについて。その選び方。五徳の手入れ方法など