マントルがランタンに必要なわけ

マントルがランタンに必要なわけ

ガスやガソリンのランタンには、マントルというものが使われている。ガスやガソリンを使うランタンにはマントルという部品が必要になる。燃料が吹き出すバーナー部分に取り付ける、袋状の形状のものだ。普段の生活ではあまり見慣れないものだが、一時は日本でも盛んに使われていたことがある。日本で初めてガス灯が灯ったのは明治5年のことだった。初めは裸火で光量も少なく安定しなかったが、後にマントルが使われるようになって一般に普及したといわれている。この当時使われていたマントルが、基本的な構造はそのまま、キャンプ道具に使われていると考えていい。さて、ガスやガソリンを燃料にして明かりにする場合、マントルがないとどんなものになるか?たぶん、バーナー部に炎を灯す、ロウソクのようなものになるに違いない。これだとストーブのような明かりしか得られず、照明としては効率が悪い。そこで使われるようになったのがマントルだ。現在のマントルは化学繊維でできた球状の網のようなもので、その繊維に特殊な化学薬品が塗られている。マントルの役目は、マントルの中で燃焼によって生まれる熱を、効率的に光に変えるということだ。このマントルのおかげで、ガソリンやガスの炎が照明として十分な明かりに変換されているのだ。

関連ページ

ランタンの仕組み
主にキャンプ、アウトドアーの選び方について。初心者向けにアドバイス。
ガソリンランタンの構造
主にキャンプ、アウトドアーの選び方について。初心者向けにアドバイス。
ランタンの選び方
主にキャンプ、アウトドアーの選び方について。初心者向けにアドバイス。