アルコールストーブの選び方

テントには極限まで軽くしたタイプから、多人数を想定した大型テントまでキャンプで使用するテントには、形状も大きさもじつにさまざま。テントを選ぶ前に、まずは実際にどんなテントが売られているのかをよく把握しておく必要があるテントはアウトドア生活の快適さを大きく左右する。昔は重くて風や雨にも弱いものばかりだった。しかし最近のテントは生地にナイロン、フレームにジュラルミンを採用することで、軽量でしかも風や雨...

テントには夏向き、3シーズン対応、冬(雪)専用などの種類がある。真夏の炎天下のテント内は蒸し風呂状態。朝日が昇って数時間もすれば、もう中にいられなくなってしまうほどだ。熱帯夜のときも最悪だ。こんな状態のときにはメッシュを多用した夏向きのテントがおすすめ。メッシュのテントは春や晩秋には寒いかもしれないが、広いメッシュ部分をナイロン地でカバーできる機能的なモデルもある。最近では値段は高くなるが4シーズ...

テントの大きさについてテントの大きさは使用する人数に合わせてサイズを考える必要がある。その際に注意したいのが、テントの使用人数の表示です。同じ人数表示でも、メーカーの考え方やテントの種類により異なります。特に山岳用テントなどでは表示人数でギリギリです。しかしオートキャンプ用のテントではかなり余裕のある設計になっていることが多いです。購入する際にはショップで実際に中に入って大きさを実感したほうがいい...

ツェルトとは形はテントにそっくりですが、キャンプ用のテントとは異なります。日本でツェルトと呼ばれているものは、露営する時シェルターです。しかしあれば万が一の時やくにたつアイテムです。日帰りのトレッキングでツェルトをもっていく人が増えている。キャンプの達人ともなれば、初めから重くて設営の面倒なテントを避けてツェルトを持っていく人もいる。コンパクトなので持ち歩くのに不便はない。。テントとどこが違うかと...

ペグとはテントなどの張り綱を地面に固定するための杭のことです。設営時になくてはならないもののひとつである。風の影響をモロに受けやすいタープは、大きくて頑丈なペグを使用しないと、強風等の時テントがくずれてしまう。地味な存在であるが以外に重要だ。ペグはテントなどを購入した際に付属品として入っていることが多い。ペグはペグの材質は、プラスチック、アルミニウム、スチール、ジュラルミンがほとんど。。プラスチッ...

タープとは布製の垂れ幕みたいなもので四隅を固定するものです。キャンプを快適にするにはタープが欠かせない。しかしタープが普及したのは実は最近こと。決して安くはないのでキャンプ用具をそろえる人は買おうかどうか悩んでいるかもしれない。実際のところ、タープがアウトドアに必要不可欠ではないのです。しかしあればキャンプライフを絶対快適にするアイテムでです。とくにたくさんの道具類をサイトに並べるオートキャンプで...