テントの種類について

テントの種類について

テントには極限まで軽くしたタイプから、多人数を想定した大型テントまでキャンプで使用するテントには、形状も大きさもじつにさまざま。テントを選ぶ前に、まずは実際にどんなテントが売られているのかをよく把握しておく必要があるテントはアウトドア生活の快適さを大きく左右する。昔は重くて風や雨にも弱いものばかりだった。しかし最近のテントは生地にナイロン、フレームにジュラルミンを採用することで、軽量でしかも風や雨に強い。
具体的にどんなテントがあるのだろうか。

 

テント構造

家のような形のロッジ型テント

長所:広い居住空間
短所:重い、かさばる、設営に時間がかかる

 

丸みを帯びたドーム型テント

長所:軽い、かさばらない、携行性、設営が簡単
短所:狭い居住性
ドーム型テントはロッジに比べ快適さが難だが最近では大きなテントが登場しており、居住性の高いモデルも増えてきた。そのため以前は多かったロッジ型テントも、いまやアウトドアショップやキャンプサイトでもあまり見かけなくなってしまった。

 

 

 

やはりノーマルなテントが一番お薦め

 

 

他にテントの種類として、テントは本体とその上にかぶせる防水性のフライシートがセットになっているが、本体に防水透湿素材を採用することでフライシートなしでも大丈夫というシングルウォールテントなるものもある。変わったものでは本体がオールメッシュという蚊帳のようなテントや、簡易更衣室や野外トイレの囲いとして利用できる小型テントなどもある。袋から出すとポンツと一瞬で立ち上がるポップアップテントや、折りたたみ式のフレームが本体に内蔵されたテントなどもある。しかしこうしたテントは強度の面であまり信用できない。やはり最初はノーマルなドーム型テントを選ぶぶ方がいいだろう。

関連ページ

季節によるテントの利用
キャンプやアウトドアーで使うテントの選び方について
テント選びのポイント
キャンプやアウトドアーで使うテントの選び方について
ツエルトとテント
キャンプやアウトドアーで使うテントの選び方について
ペグ
主にキャンプ、アウトドア用品の選び方について。初心者向けにアドバイスです。テントやアルコールストーブ、寝袋など様々なアウトドア用品の使い方等を教えます。
タープ
キャンプやアウトドアーで使うテントの選び方について