季節によるテントの利用

季節によるテントの利用

テントには夏向き、3シーズン対応、冬(雪)専用などの種類がある。真夏の炎天下のテント内は蒸し風呂状態。朝日が昇って数時間もすれば、もう中にいられなくなってしまうほどだ。熱帯夜のときも最悪だ。こんな状態のときにはメッシュを多用した夏向きのテントがおすすめ。メッシュのテントは春や晩秋には寒いかもしれないが、広いメッシュ部分をナイロン地でカバーできる機能的なモデルもある。最近では値段は高くなるが4シーズン対応もある。目安として素材の厚さや細部のつくりに違いがあるので購入する際の参考にするといいだろう。さて、春から秋までのテントなら大きな違いはないのだが、冬だけは別に考えた方がいいでしょう。特に雪が降る
ような場所では状況が大きく変わります。雪山で使う山岳用テントは一般的なテントとは別物です。普通のテントのフライシートは雨を避けるために防水加工が施されているが、雪の中で使うテントは通気性のある外張りを使用します。また、テントの内部には保温性を高めるために内張りというシートを装着。出入り口の形状も、出入りの際に風雪が浸入しにくいよう細長い筒状のつくりになっていることが多い。外張りや内張りは別売りになっていることが多いので、初めは3シーズンモデルを購入し、キャンプに慣れてきてスノーキャンプもやる場合こうしたオプション品をそろえるのもいいだろう。雪の降らない場所なら本体とフライシートの組み合わせで問題ない。しかしモデルによって生地の素材や厚さに違いがあるので注意すること。また、暑い場所で頻繁に使うのであれば、ベンチレーターやメッシュパネルが多く通気性のいいモデルを選ぶことをおすすめ。

関連ページ

テントの種類について
キャンプやアウトドアーで使うテントの種類について
テント選びのポイント
キャンプやアウトドアーで使うテントの選び方について
ツエルトとテント
キャンプやアウトドアーで使うテントの選び方について
ペグ
主にキャンプ、アウトドア用品の選び方について。初心者向けにアドバイスです。テントやアルコールストーブ、寝袋など様々なアウトドア用品の使い方等を教えます。
タープ
キャンプやアウトドアーで使うテントの選び方について