テント選びのポイント

テント選びのポイント

テントの大きさについて

テントの大きさは使用する人数に合わせてサイズを考える必要がある。その際に注意したいのが、テントの使用人数の表示です。同じ人数表示でも、メーカーの考え方やテントの種類により異なります。特に山岳用テントなどでは表示人数でギリギリです。しかしオートキャンプ用のテントではかなり余裕のある設計になっていることが多いです。購入する際にはショップで実際に中に入って大きさを実感したほうがいいです。もしテントに入ってみることができなければ、床の寸法や高さをチェックしよう。以下が目安です。横幅の計算一人当たりの使用する幅は最低80センチ~1メートルならゆったりと感じる。人数が2人、3入と増えれば、小柄な人なら1入当たり最低60~80センチあればゆとりは十分。高さは1入用でも最低100メートルはないと座っているのが苦しいと思います。

 

 

設営のしやすさでテント選ぶ

テントはとにかく設営の簡単なほうがいいです。早さと簡単さを追求するならクロスフレームがおすすめ。とくにスリーブ式はひとりでも確実に素早く設営することができます。スリーブ式とは、ポールをテントに差し込む部分がスリーブ状になっているタイプのこと。しかし、比較的小さなテントならスリーブ式の設営は簡単だが、4~5入用以上の大きなサイズでは、ポールの抜き差しが面倒くさく、全体にかなりの圧力がかかるため、立ち上げる際にポールの一端がなかなかはまらなくて苦労することがある。こうした大きいサイズのテントの場合は吊り下げ式のほうが設営しやすいでしょう。、吊り下げ式の大きなテントでは天井部のフックを引っ掛ける位置が高すぎて届かず苦労する場合があるので、背の低い人には向かないのです。居住空間の広いほうがよければ、ちょっと重くなってしまうがポールの本数が多い夕イプのテントを選ぶといいだろう。

 

 

 

防水性と通気性の観点からテントを選ぶ

 

テントを選ぶときには、考えなければいけないのが環境です。特にかんがなければならないのは雨でです。日本は高温多湿なので、防水性・通気性の高いテントを選ぶのがベストです。とくに防水は重要です。縫い目からの水の浸入を防ぐ加工が施されたものを選びたい。グラウンドシートは地面から水が浸入しにくく、袋状に立ち上げて縫製されたものを選ぼう。アメリカ製のテントのなかには、前室がほとんどなく、グラウンドシートが立ち上がっていないうえ、縫い目にシームシーリング加工も施されていない製品がある。雨のほとんど降らないアメリカのキャンプ場では、防水性はあまり重視されないためだろう。しかし日本においては防水のしっかりしていないテントはほとんど使いものにならない。購入にはこのへんの考慮が重要です。

 

 

テントの収納時の大きさからテントを選ぶ

テントの収納時の大きさにも考慮したい。実際、使用した時同じ大きさのテントでも収納時の大きさにはかなり違いがあります。ロッジ型テントのなかには本体とポールの巨大なモデルがあり、ひとりで持ち運ぶには大変苦労するものもあります。例え車で運ぶ場合でも小さいに越したことはないし、コンパクトなテントは将来トレッキングなどで使用したいと思ったときにも応用できるのです。

 

値段からテントを選ぶ

テントのなかには数千円程度で売られているものもあるが、、やはりそれなり素材のものです。生地やポールの素材、縫製などにその値段分しか価値がないのです。ポールひとつとってみても、しっかりとしたモデルなら軽くて折れにくく、折れても破断面が鋭利にならずテント本体を傷つけないような素材を使用している。またポールの交換などのアフターケアもすぐに受けられるが、安物はその点が不安。テントは直ぐに買い替えるものでありません。だから多少高くてもいいものを買って使うのほうが長い目で見て得なのです。

関連ページ

テントの種類について
キャンプやアウトドアーで使うテントの種類について
季節によるテントの利用
キャンプやアウトドアーで使うテントの選び方について
ツエルトとテント
キャンプやアウトドアーで使うテントの選び方について
ペグ
主にキャンプ、アウトドア用品の選び方について。初心者向けにアドバイスです。テントやアルコールストーブ、寝袋など様々なアウトドア用品の使い方等を教えます。
タープ
キャンプやアウトドアーで使うテントの選び方について