アルコールストーブの選び方

アルコールストーブで料理する時

イメージ

今話題のアルコールストーブをようやく買いました。
ただ、使い方が今いち! 
とりあえず、キャンプ場で初めて使ってみたけれど、鍋の熱でやけどしてしまいました。

 

アルコールストーブを購入したけれど、使い方が今ひとつピンとこない人って結構いるのではないでしょうか?
例えば、使うものとして、鍋はどんなものを使えば、いいのか等も、ただ、考えずに家にあるものを持ってきそうですが、アルコールストーブに適した鍋を使えば、やけども防げると思うけれど。 
鍋といえば、家庭で使っているタイプでは、取っ手が鍋の両側についているものですよね。

 

しかし、アルコールストーブを使う際に、このタイプでも使えるけれど、料理し終わった時に火からおろす時にヤケドをしてしまう可能性があるのよ。
それに、かなり熱くなっているので、鍋つかみがないとつかめないし、アルコールストーブの火もそのまま止められないので注意が必要。
これ用に、取っ手の部分が長いタイプがおすすめです。
これだと、熱もそこまで伝わりにくいので、急に手で触って、「熱い!」ってゆうこともそれほどなさそうよ。

 

しかし、料理が出来上がって、いざ取っ手を持つときは、十分気をつけて、やけどをしないように、配慮してね。
やはり、キッチンで使っているように、ミトンタイプの鍋つかみ等が必要よね。
そのほうがずっと安心して料理できると思うわ。 
もし、家庭にこのタイプがなくて、アルコールストーブを使う予定なら、取っ手の長い鍋を別に用意したほうがいいわよ。