スタンダード無線機

無線機はスタンダードが一番です

イメージ

タンダードの無線機を製造している無線機メーカーは東京都品川区に本社を置く日本の無線通信機器メーカーである。創業は1956年- 株式会社ゼネラルテレビサービスとして東京都大田区に設立されます。その後1964年八重洲へ移転し、八重洲無線株式会社へ社名を変更する。その後順調に成長して1991年ジャスダックに株式上場を果たします。
その後2000年本社を中目黒へ移転して株式会社バーテックススタンダードへ社名変更します。
その後2008年にはモトロラーラの友好的株式買い付けにより事業提携します。それにより上場の廃止。
これに伴い従来のバーテックススタンダードの業務用無線設計部門がモトローラに分離され、残りの部門が八重洲無線株式会社の名称に変更されています。
その後2012年には再び八重洲無線に社名をも戻しています。
アマチュア無線愛好家の中ではこの八重洲無線は懐かしい社名であり、新しいニュースとなりました。
業界の中でもトップクラスの品質と歴史をもつスタンダードブランドは事業再編からも数多くの魅力的な無線機を世に送り出しており、間違いなくこれからも伸びていくブランドです。現在、日本国内でのスタンダードシリーズの製品は八重洲無線が販売を担当しており、アマチュア無線、船舶無線、航空無線などはそのまま開発、製造販売までをおこなっています。