アルコールストーブの選び方

アルコールストーブを非常用品に加える

イメージ

アルコールストーブを購入しました。
最初は、山登りに持っていこうと思ったのですが、一度地震の時に、ガスが使えなくなって、暖かいものを食べることができなくなったのを思い出して、それで、いくつか買って、非常用に持っておくことにしました。
アルコールストーブを非常用に持つ人も増えています。

 

最近は、自然災害が大変多くなってきていますので、いつどんな時に、非常用が役に立つのかわかりません。
非常用のものは、買っておいても、なかなか使う機会がないので、ついそのまま何年も使わずに終わってしまうこともあるでしょ?
しかし、アルコールストーブなら、食べ物と違って、しばらく持つので、その点もあまり問題はないわね。

 

買って置いておくのもちょっとためらう人は、アルコールストーブに使う、燃料だけでも買っておけば、あとはそのへんにある缶からでも作ることができるの。
アルコールストーブは、普通の家庭用の器具と違って、それほど幅広い料理はできないけれど、非常用で少なくても温かいものは食べることができるので、これって、かなり重要だと思うけれど。
なにしろ、非常時は、食べ物といえば、どうしても火を通さないものが多いものよ。

 

また、非常用でアルコールストーブそのものの本体と、燃料もある程度保管しておいたほうがいいでしょう。
燃料がなくなれば、それで終わりなので、ストーブが冷えたら、再度燃料を注いで、使えるので。
普段から、防災用に、あなたもひとつそろえてみてはいかが?