トランシーバーと携帯電話の違いの違いについて

トランシーバーと携帯電話の違い

イメージ

 

今からはるか昔になりますが、携帯電話が広がる前で音声を伝える装置といえばトランシーバーが一般でした。しかし実は今でも特定の場所内でのやり取りなどではトランシーバーが活用されています。
では携帯とトランシーバーをなんとなく似ていますがどのあたりが違うのでしょうか。トランシーバーは片方が話しているときには片方が聞くという一方通行です。
一方携帯電話は同時に話す事ができるというのが決定的な違いなのです。

 

よくトランシーバーを使うシーンでは「どうぞ!」と自分が話が終わった旨を相手に伝えるというやり取りします。しかし携帯電話では同時に通話ができるのです。
その原理は携帯電話の場合トランシーバーも片方づつ電波を送りあっていますが、そのやり取りがトランシーバーのように人間が口頭でやり取りをするのでなく、自動的に行われているので、スムーズに会話ができるのです。
また電波の感度も大きく違います。トランシーバーは機械自体が電波を発信受信します。つまり機械どうしが通じているのです。しかし携帯電話は一番近くにある電波基地局を通じて通話します。携帯電話から発する電波は一度中継局を通じているのです。だからトランシーバーの場合通話するトランシーバーが近ければ近いほど
感度がよくなるのです。しかし携帯電話の場合、電波局の基地局経由ですのでそれ程関係ないのです。


様々なシーンで利用されているトランシーバー

イメージ

先に挙げた特定小電力トランシーバーは、様々なシーンにおいて手軽にご利用頂ける小型無線機といえます。ちなみに免許や資格などは必要ありません。購入したその日から使えます。だからレンタルのトランシーバーもあります。業種は小売店、倉庫、土木・工事現場、警備・駐車場など、ご利用現場において、利用されており、機種によって、中継器対応で通話エリア大きく拡大できるのもあります。


どこで特定小電力を購入すればいいか

特定小電力トランシーバーはどこでも購入できます。ネットなんかで探せば購入できるところが
たくさんでてくるでしょう。無線機を販売しているところ電気製品店に行けば販売されています。
その他秋葉原なんかでもよく販売されています。
>業務用で激安な価格の特定小電力トランシーバーを購入されたい方はこちらがお薦めです

特定小電力トランシーバーと携帯電話の違いは何か記事一覧

平成20年総務省は簡易無線のデジタル化の為、351MHz帯の35波を登録型簡易無線に割り当て、この内の5波の移動範囲を「全国およびその上空」(スカイスポーツ用として上空移動可)とししました。出力は最大1Wに制限されていて。アンテナは取り外せない。これが登録局の簡易無線です。今迄の無線は免許が必要だったが登録(無線局登録状)だけで大丈夫。さらに個人でも登録申請できる。アマチュア無線及びパーソナル無線...

登山をするとき単独の場合例えば、足にケガを負いで動けなくなった時あなたはどうしますか?仲間がいればなんとかなるでしょうが一人の場合どうにもなりません。携帯電話は山に入ると圏外になってしまいます。そこで無線機ですが、アマチュア無線のように免許や資格が必要なものになるとどうしてもたいへんです。特定小電力トランシーバーという手もありますが、トランシーバーだと出力が弱いのでそれ程届きません。こころもとなし...

タンダードの無線機を製造している無線機メーカーは東京都品川区に本社を置く日本の無線通信機器メーカーである。創業は1956年- 株式会社ゼネラルテレビサービスとして東京都大田区に設立されます。その後1964年八重洲へ移転し、八重洲無線株式会社へ社名を変更する。その後順調に成長して1991年ジャスダックに株式上場を果たします。その後2000年本社を中目黒へ移転して株式会社バーテックススタンダードへ社名...

特定小電力トランシーバーは、最近では様々シーン幅広く利用されています、身近なところでいうとスーパーなど店舗で広く使われているので、実際に使っているところを見た方も多いのではないでしょうか。広い敷地のホームセンターはもちろん、ファーストフード店、遊園地などのレジャー施設、大型の駅などでもよく利用されています。業務用の無線機もあるのですが、こちらの特定小電力トランシーバーを利用すれば、初期投資の金額も...