トランシーバーと携帯電話の違いの違いについて

トランシーバーと携帯電話の違い

イメージ

 

今からはるか昔になりますが、携帯電話が広がる前で音声を伝える装置といえばトランシーバーが一般でした。しかし実は今でも特定の場所内でのやり取りなどではトランシーバーが活用されています。
では携帯とトランシーバーをなんとなく似ていますがどのあたりが違うのでしょうか。トランシーバーは片方が話しているときには片方が聞くという一方通行です。
一方携帯電話は同時に話す事ができるというのが決定的な違いなのです。

 

よくトランシーバーを使うシーンでは「どうぞ!」と自分が話が終わった旨を相手に伝えるというやり取りします。しかし携帯電話では同時に通話ができるのです。
その原理は携帯電話の場合トランシーバーも片方づつ電波を送りあっていますが、そのやり取りがトランシーバーのように人間が口頭でやり取りをするのでなく、自動的に行われているので、スムーズに会話ができるのです。
また電波の感度も大きく違います。トランシーバーは機械自体が電波を発信受信します。つまり機械どうしが通じているのです。しかし携帯電話は一番近くにある電波基地局を通じて通話します。携帯電話から発する電波は一度中継局を通じているのです。だからトランシーバーの場合通話するトランシーバーが近ければ近いほど
感度がよくなるのです。しかし携帯電話の場合、電波局の基地局経由ですのでそれ程関係ないのです。


様々なシーンで利用されているトランシーバー

イメージ

先に挙げた特定小電力トランシーバーは、様々なシーンにおいて手軽にご利用頂ける小型無線機といえます。ちなみに免許や資格などは必要ありません。購入したその日から使えます。だからレンタルのトランシーバーもあります。業種は小売店、倉庫、土木・工事現場、警備・駐車場など、ご利用現場において、利用されており、機種によって、中継器対応で通話エリア大きく拡大できるのもあります。


どこで特定小電力を購入すればいいか

特定小電力トランシーバーはどこでも購入できます。ネットなんかで探せば購入できるところが
たくさんでてくるでしょう。無線機を販売しているところ電気製品店に行けば販売されています。
その他秋葉原なんかでもよく販売されています。
>業務用で激安な価格の特定小電力トランシーバーを購入されたい方はこちらがお薦めです