特定小電力トランシーバーの距離について

特定小電力トランシーバーの距離について

特定小電力トランシーバーは、最近では様々シーン幅広く利用されています、身近なところでいうとスーパーなど店舗で広く使われているので、実際に使っているところを見た方も多いのではないでしょうか。広い敷地のホームセンターはもちろん、ファーストフード店、遊園地などのレジャー施設、大型の駅などでもよく利用されています。
業務用の無線機もあるのですが、こちらの特定小電力トランシーバーを利用すれば、初期投資の金額も大規模な遙かに少額で済みますし、特別な工事も一切不要。
スキー場等のアウトドアや複数台の車移動などのレジャーに使う方も多いのです。

 

 

特定小電力トランシーバの距離はどれくらい

ビジネスにレジャーのために特定小電力トランシーバーを利用します。購入の際一番気になることは特定小電力トランシーバーの通話距離ではないでしょうか
?その質問に対しメーカーや製品により異なりますが500m程度という製品が多いです、一般的に無線機やトランシーバーの購入基準は通信距離が長いということになっているようです。しかし、実はその数値の根拠となる条件はまちまちです。その数値だけ見ても何も判断できないというのが本当のところでなのです。
何故なら電波のの飛ぶ条件は環境に依存するからです。環境とは障害物があったり、天候などその他ももろもろの条件で変わるのです。つまり、600m飛んだからといってその環境での保証値とすることはできません。特定小電力たおらんシーバーの通信距離については、マニュアル明確に書いて無いのが普通です。だから500メートルや1K等あくまでも、参考値にすぎないのです。またメーカーや製品によもよりますが、中継器を使えば倍の距離で使える場合があります。だから特定小電力トランシーバーは中継器対応モデルを選んだらいいかもしれません。広範囲に使いたい場合は広い店舗でも対応できます。

関連ページ

スカイスポーツ等に便利なデジタル無線機
主にパラグライダーやハングライダー等のスカイスポーツに便利なデジタル無線機を紹介します
登山に最適なデジタル簡易無線機の紹介
主にキャンプ、アウトドア用品の選び方について。初心者向けにアドバイスです。テントやアルコールストーブ、寝袋など様々なアウトドア用品の使い方等を教えます。
社名変更が多い会社八重洲無線。
スタンダードの無線機の紹介