バーチャルオフィスはレンタルオフィスのサービスを入居することなく受けるサービスだ

バーチャルオフィスはレンタルオフィスのサービスを入居することなく受けるサービスだ

 

 

バーチャルオフィスついて考えてみたい思います。バーチャルオフィスというのは大きく分けると2つのサービスがあります。
まず基本というのが住所貸しのサービスです。名刺や会社パンフに記載するための住所を借りることになります。実はこのサービス自体は珍しいものでは
ありません。昔から私書箱というサービスで提供されてきたサービスだからです。
ではバーチャルオフィスと私書箱は何が違うかというと、住所貸しに加えレンタルオフィスのサービスを提供している部分が大きな違いになるのです。レンタルオフィスのサービスと言

 

えば、会議室等や受付対応が挙げられますがこれらのサービスがバーチャルオフィスにはついているので私書箱と一線を画しているのです。レンタルオフィスのサービスを提供うけるの

 

ですがレンタルオフィスで入居をすることなく、オペレータの電話対応や郵便物などの受領と転送など、外部から見れば実際に入居しているように見えるサービス形態です。またITイ

 

ンフラでオフィスの機能をバーチャルに再現して提供されるサービスというのは、実際の連絡や会議、スケジュール調整等ほとんどすべての事がをインターネットやIp電話などで実現さ

 

せることを指します。この場合は各種サービスを個別に契約して、実現できる場合もあるので、ビジネスモデルというよりも、利用形態のひとつと言えるかもしれません。ちなみにバー

 

チャルオフィスはレンタルオフィス運営事業者、電話代行業者、私書箱事業者などがサービスを提供しています。
その成り立ちによって料金やサービスにおいて差があるかと思いますので、よく比較検討して導入されることをお勧めします。